×

USE CASE : CLOUD GAMING

LIMELIGHT EDGE CLOUDが専用デバイス不要で ストレスの無いゲーム環境を実現

LIMELIGHT EDGE CLOUDが専用デバイス不要で
ストレスの無いゲーム環境を実現

 

課 題
私たちは今、音楽やビデオの楽しみ方について劇的な変化を経験しています。そして次に起こる変化はゲーム環境でしょう。
この変化は、高価なゲーム専用のデバイスを使わずに、厳選されたオンライン対応のゲームタイトルを揃えることで実現することができます。これまでもクラウドゲームの試みは数多くありましたが、それらは従来からの集中型クラウドを前提としていたために遅延の問題から逃れられず、ほとんど成功しませんでした。データセンターの近くにいるゲーマーと遠くにいるゲーマーの間に遅延時間の差が発生すると、マルチプレイヤーゲームにおけるユーザーエクスペリエンスを低下させ、公平性が損なわれてしまいます。一方で新世代のゲーマーは、これまで使っていたゲーム専用のPCやゲームコンソールから、ラップトップやタブレット、あるいはスマートフォンでのゲームに移行しつつあり、ゲームプロバイダはクラウド上でリアルタイムなマルチプレイヤーエクスペリエンスを提供する必要に迫られています。

 

ソリューション
ライムライトは、ゲーマーをクラウドゲームから遠ざける一因になった遅延時間の問題を解決しました。ライムライトのEdgeCloudは、ゲームマップやグラフィックス、インタラクティブ機能、コンテンツ生成などのオンラインゲームの処理を、地理的にゲーマーの近くに配置されたエッジロケーションに分散して実行します。コンテンツをネットワークのエッジにプッシュすることで遅延の問題が解決され、よりスケーラブルで柔軟なプラットフォームを実現でき、ゲーマーはさまざまな場所やさまざまなデバイスの間をシームレスに移動しながらゲームを続けることができます。

 

結 果
ライムライトのEdge Cloudにより、ゲーマーはゲーム専用のデバイスを使わなくとも、高品質でインタラクティブなゲーム体験を得られます。集中型のクラウドモデルは、ゲームには向いていないのです。ゲーマーの操作と画面上の反応の間に遅延が発生することは、あらゆる種類のゲームで大きな問題となっており、これは高解像度で低遅延のビデオをユーザーに配信する際の問題と同じです。ライムライトのインフラストラクチャは、処理能力をそれを必要とする場所に近づけることで、これらの課題を解決します。ゲーマーが接続しているサービスプロバイダーネットワークとの接続点に近い場所に処理能力を移すことで、すべてのプレーヤーに遅延のないクラウドゲーム環境を提供できるのです。
ライムライトの分散されたエッジロケーションを使用することで、ゲームコンテンツとゲーマーの間の物理的な距離が最小になり、遅延が減少し、帯域幅が増加し、高品質のリアルタイムなゲーム体験を提供できます。ライムライトの Edge Cloud IaaSソリューションは、容量、カバレッジ、パフォーマンスを兼ね備えたライムライトのグローバルな高速プライベートネットワークのメリットを活かし、クラウドゲームを含む遅延に敏感なアプリケーションをサポートします。このプライベートファイバーバックボーンは100GbEをベースにしており、1,000近いISPおよびラストマイルネットワークに接続されています。