×

ライブ動画の視聴に関する意識調査

スポーツ観戦・視聴動向に関するレポート

ライムライト・ネットワークス・ジャパンでは、2019年10月、スポーツ観戦の経験または意欲があり、1年以内にインターネット接続で動画を観たことがある方(日本全国の男女624名)を対象に、「ライブ動画の視聴に関する意識調査」を実施いたしました。本調査は、ラグビーの国際大会や様々なスポーツ大会が開催され、ライブ動画配信サービスの利用が盛り上がるなか、日本国内の10代から60代以上の全年代を対象に、ライブ動画配信サービスの利用実態を明らかにしようとしたものです。本レポートでは、全調査からスポーツ観戦および視聴動向についての結果を取りまとめました。

 

スポーツ観戦動向 <スタジアム/競技会場>

実際にスタジアムや競技場でよく観る競技は、野球が過半数(52.3%)で1位となりなりました。これは2位のサッカー(26.3%)のおよそ2倍で、日本のスポーツ観戦における野球人気の高さが浮き彫りになりました。
一方で、今後実際にスタジアムや競技場で観たい競技は、1位のサッカー(21.8%)に次いで、ラグビー(20.3%)が2位となり、国際的な大会が日本で開催される中、ラグビーへの関心の高さがうかがえます。

 

スポーツ視聴動向 <生中継/ライブ配信>

生中継またはライブ配信でよく観る競技は、1位が野球(48.1%)、2位がサッカー(43.9%)、3位がバレーボール(18.5%)となり、野
球とサッカーの視聴動向は、実際に競技会場で観戦する競技についての結果と比べて、大きな差がないことが判明しました。また今後、生中継またはライブ配信で観たい競技は、1位がバスケットボール(15.9%)、2位がラグビー(15.3%)、3位がテニス(11.9%)となりました。
バスケットボールは男性の10代(24.3%)や、女性の30代(22.9%)40代(22.7%)で1位となりました。また世代別でみると、50代女性のフリーアンサーでは「フィギュアスケート」との回答が多く見受けられました。全体では、50代以上の世代でラグビー(18.3%)が1位になりました。10代~40代の各世代においても、生中継またはライブ配信で観たい競技としてラグビーが2位にランクインし、世代を問わないラグビー人気が明らかになりました。

 

スポーツ視聴動向 <テレビ録画>

生で観戦できないときに、録画しても観る競技は、1位がサッカー(21.2%)、2位が野球(17.6%)、3位がバレーボール(8.6%)となりました。
また世代別にみると、60代以上の世代では、1位のサッカー(23.5%)に次いでゴルフ(14.3%)が野球(11.2%)を抜き、2位になりました。また、今後録画しても観たい競技はラグビー(12.1%)が1位になりました。

 

競技会場で観戦できない時のスポーツ観戦方法

国際的なスポーツ大会などについて、実際に競技会場で観戦できないときの観戦方法を尋ねたところ、「テレビで生で観る」が73.4%で1位となり、およそ4分の3の人がテレビでタイムリーに競技を観戦することがわかりました。世代別でみると、とくに30代男性では「ライブ動画で観る」も高い結果となりました(全体13.6%、30代男性30.8%)。
また、「ライブ動画で観る」を選択した人(85人)について分析したところ、生中継またはライブ配信でよく観る競技について、過半数を超える人(45人)がサッカーを選んでいることがわかりました。海外で開催された試合への関心が高く、通勤中や仕事の休憩時間中に日本代表の出場試合を視聴するなど、海外で開催される試合や海外リーグの試合観戦も身近になってきているといえそうです。

 

2ndスクリーンの利用意向

2ndスクリーンを使って観たい競技は、1位がサッカー(46.1%)、2位が野球(42.1%)、3位がラグビー(19.9%)となりました。競技場で試合を見ながらも、選手のデータや試合内での動き、ゴールシーンを様々なアングルで楽しむことができる2ndスクリーンの利用意向が高く、選手交代を含めた監督の戦術が大事となるスポーツがランクインしたといえそうです。また世代別にみると、10代でバレーボールが高い結果となりました(全体18.5%、10代35.2%)。

 

まとめ
本調査の結果から、スタジアムや生中継またはライブ配信において、よく観られている競技は、野球とサッカーと判明し、野球とサッカーの根強い人気がうかがえる結果となりました。一方で、今後スタジアムもしくは生中継またはライブ配信で見たい競技は、バスケットボールとラグビーで、有名選手の誕生や国際大会の開催が影響したといえそうです。特に、50代以上では、「競技会場」「生中継またはライブ配信」「テレビ録画」のすべての質問で、ラグビーが1位となりました。視聴方法においても4分の3の人が「テレビで生で観る」を選ぶ一方で、30代男性を中心に「ライブ動画で観る」ことも浸透しつつあることがわかりました。

 

調査概要

調査方法: インターネットリサーチ
調査地域: 日本全国
調査対象: 下記(1)、(2)の両方に当てはまる人
(1)これまでにスポーツ観戦の経験がある、もしくは、今後スポーツ観戦意欲のある人(観戦方法はリアル、テレビ、インターネット問わず)
(2)1年以内にインターネット接続で動画を観たことがある人
サンプル数: 男性312名、女性312名  計:624名
※10代、20代、30代、40代、50代、60代以上の男女(各52サンプル)
調査時期: 2019年10月8日(火)~2019年10月9日(水)

 

LIMELIGHT NETWORKSについて
ライムライトのエッジサービスプラットフォームは、グローバルなプライベートインフラストラクチャ、インテリジェントなソフトウェア、そして現在および将来のワークフローをサポートするエキスパートサポートサービスを独自に組み合わせています。
詳細については、www.limelightnetworks.jp をご覧ください。