×

LIMELIGHT EDGE COMPUTE SERVICES

ライムライトのエッジクラウドは、従来のクラウドコンピューティング環境では避けられなかったコスト、複雑さ、および遅延(レイテンシ)を排除し、ストリーミングビデオとコンテンツ配信サービスを強化し、グローバルにアプリケーションを展開し、デジタルコンテンツを作成し、リアルタイムにデータ処理を行います。集中化された少数のデータセンターでコンピューティング処理を提供する従来のクラウドサービスプロバイダーとは異なり、ライムライトのエッジコンピューティングの実行環境は、世界中に配備されたPoP(Point of Presence:大規模配信拠点)に組み込まれています。コンピューティングインフラはライムライトの安全なグローバルプライベートネットワークと統合されており、1,000を超えるISPおよびクラウドサービスプロバイダーとの直接のピアリング接続を介して、最高のパフォーマンスを提供します。ライムライトの柔軟なエッジコンピューティングのオプションには、サーバーレス、仮想化、ベアメタルソリューションが含まれます。ライムライトは、お客様が必要とする方法で、必要とする場所にエッジコンピューティング機能を提供します。

 

 

エッジでのサーバーレスコンピューティング

 

Limelight EdgeFunctionsは、世界中の多数のエッジ拠点にコードを自動的に展開し、ユーザーに近いエッジ拠点で実行することで遅延を最小にし、リクエストに応じてスケーリングするサーバーレスコンピューティングプラットフォームです。EdgeFunctionsは、世界で最も高いパフォーマンスを持つビデオおよびコンテンツ配信ネットワーク(CDN)のひとつであるライムライトのグローバルプライベートネットワークと緊密に統合されており、パーソナライズされたストリーミング、アクセス制御、動的な広告挿入、A/Bテスト、画像操作などの、ストリーミングビデオやコンテンツ配信のユースケースに最適です。プログラム開発者はEdgeFunctionsを使用してパフォーマンスを向上させることができ、ワークフローをカスタマイズし、処理能力や容量を迅速にスケーリングできます。費用は使用したリソースに対してのみ課金されます。

 

 

仮想化コンピューティングサービス

 

ライムライトは、お客様のニーズの変化に応じて簡単に拡大・縮小できるグローバルな仮想化コンピューティングサービスを提供します。IntelプロセッサとSSDストレージの組み合わせは、あらゆる計算タスクに高性能を提供します。お客様固有の要件を満たすために、さまざまなCPU、RAM/ストレージ容量、およびネットワーク帯域幅を持つ仮想Linuxサーバーを複数のディストリビューションでご利用いただけます。使いやすいコントロールパネルを使用して、仮想マシンを管理および監視できるだけでなく、負荷分散や構成のバックアップができ、APIとコマンドラインインターフェイスも使用できます。

 

 

ベアメタルコンピューティングサービス

 

リソースを他社と共有したりハイパーバイザーを使ったりすることなく、必要な場所にコンピューティングパワーを提供する専用のベアメタルサーバーを利用できます。ライムライトはIntelおよびAMDのプロセッサを搭載したハードウェアを用意しており、さまざまな物理コア、RAM/ストレージ容量、およびネットワーク帯域幅を選ぶことができます。ライムライトはグローバルネットワーク全体に専用サーバーを配備しており、任意の地域またはロケーションでワークロードをサポートできます。ライムライトが提供するOSを選択する以外に、お客様のOSをリモートからロードすることもできます。直感的なポータル、またはRESTFUL APIを介したリモート管理機能と、安全なIPMI Lights-Out Management機能を利用できます。