×

データシート:LIMELIGHT API と SDK の概要

Limelight APIとSDKを使用して、ライムライトのサービスをお客様のアプリケーションやワークフローに統合

LIMELIGHT API と SDK の概要

Limelight API(Application Programming Interfaces)とSDK(Software Development Kits)を使用すると、ライムライトのサービスをお客様のアプリケーションやワークフローに統合できます。これらのAPIとSDKは、ライムライトのサービスを設定、管理、監視する機能を提供します。エキスパートの支援が必要な場合は、ライムライトのサービスおよびサポートチームがお手伝いします。

 

幅広いユースケースをサポート

ライムライトは、ライムライトのサービスをお客様のワークフローに安全に統合するための強力なAPIとSDKを用意しています。
• コンテンツ配信インスタンスの設定
• モニタリング、レポート作成および分析のためにレポート用データをリアルタイムに取得
• 古くなったコンテンツのパージ
• Origin Storageの管理
• EdgeQuery Analyticsのカスタムクエリを管理
• Limelight Video Platformのコンテンツを管理
• コールバックを使ったLimelight Video Platformの監視
• ウェブページ内からのHTMLビデオプレイヤーの制御を有効化
• ライブからVODへの録画を管理
• Realtime Streamingのビデオサービスとサブスクリプションを管理
• Dynamic Ad Insertionの監視機能と対話機能を管理

 

開発者向けリソース

ライムライトは、統合を可能な限り迅速かつ簡単にするためにさまざまなリソースを提供しています。
サンプルコードを含む広範なAPIドキュメント ライムライトのAPI機能は、容易な実装ができるよう詳細(主要プログラミング言語によるサンプルコード付き)にドキュメント化されています。
Limelight API Explorerは開発者向けの対話型ツールで、ドキュメントとサンプルコードの提供だけでなく、本番環境に配備する前にテスト環境でLimelight APIを動作確認することができます。開発者は実際のエンドポイントに対してテストを実行することで、リクエストとレスポンスを確認して期待した結果を得るために修正を行うことができ、またサンプルコード(Curl、jQuery、Python、Node、Ruby、PHP&Go)をコピーして利用することもできます。

 

コンテンツ配信 API とクエリ

Limelight Content Deliveryは、組織が自らのウェブサイト、モバイルアプリケーション、ビデオ、音楽、ソフトウェア、ゲーム、その他のアプリケーションを配信するサービスです。コンテンツ配信に関連する開発者向けリソースは次のとおりです:

 

コンフィグレーション API
これは、コンテンツ配信のサービスコンフィグレーションおよびサービスインスタンスを管理するためのREST APIです。ライムライトはお客様向け設定オプションのすべてをAPIとして公開しており、一般的なユースケースに合わせて事前定義されたService Profileテンプレートを使うことで迅速な習得を可能にします。認証ユーザーはコンテンツ配信サービスのコンフィグレーションを作成、更新、取得、および削除できます。このコンフィグレーションは、Limelight Controlのコンフィグレーションと互換性があり、組織全体を通じて柔軟なワークフローを実現できます。

 

リアルタイムレポート API
これは、ライムライトのサービスメトリクスを取得および監視するためのREST APIです。トラフィック、ストレージ、DNS、その他の主要なメトリクスにアクセスし、カスタムData Segmentによってフィルタリングし、地域コード、ステータスコード、データ保持期間などの重要なパラメータに関するメタデータを取得します。

 

SMARTPURGE API
CDN全体から、即座に古いコンテンツを削除します。このREST APIはプログラムからSmartPurgeの機能へのアクセスを提供しており、SmartPurgeは1秒以内に10億以上のオブジェクトをパージします。パターンやタグを使った一括パージなど、すべてのSmartPurge機能へのアクセスが可能で、完了の確認とコールバックを提供します。

 

EDGEQUERY カスタムクエリ
ライムライトのEdgeQuery分析プラットフォームから、特定の時間枠(リアルタイム、ほぼリアルタイム、過去データ)でカスタムフォーマットのデータと集計データにアクセスするためのカスタムクエリを作成します。

 

ORIGIN STORAGE API
Limelight Origin Storageに保存されているコンテンツをアップロードおよび管理します。ログイン/ログアウト、認証、セッショントークン、ディレクトリ、および非マルチパートアップロードとマルチパートアップロードの両方を含むファイルを管理します。このCORS準拠のAPIの機能には、コピー、移動、一覧表示、ダウンロード、削除が含まれます。

 

 

ビデオサービス API と SDK

ライムライトは、ライブおよびオンデマンドのビデオサービスを提供しており、それらに対応する専用のAPIを提供しています。

 

LVP ビデオ配信コンテンツ API
このREST APIを使用して、Limelight Video Platform(LVP)のメディアおよびチャンネルを管理し、メディア、チャンネルまたはチャンネルグループの照会、アップロード、作成、更新および削除ができます。独自のカスタムメタデータフィールドを使用してLimelightスキーマを拡張することもできます。

 

LVP ビデオ分析 API
これはLVPプレイヤーの分析を取得するためのREST APIで、Media Libraryコンソールの[Analytics]タブと同じ情報を提供します。最も再生回数の多いメディア、トラフィックソース、メディアとチャネルのパフォーマンス、視聴者とのエンゲージメント、地域、システム情報、ストレージと帯域幅の使用量など、視聴に関するさまざまなメトリクスにアクセスでき、返ってきた結果をフィルタリングする機能も提供しています。

 

LVP ビデオコールバック API
設定したURLについて、LVPイベントが発生した場合にコールバックを受けることができます。アカウント内でメディアまたはチャンネルが作成、変更または削除された場合の自動通知イベントを設定します。

 

LVP ビデオプレイヤー API
このJavascript APIを使用すると、ウェブページ内、クエリ設定と視聴統計情報からのHTMLプレイヤーの完全な制御、広告設定、プレイヤースタイルの設定を有効化できます。上記の多くについて、状態の変化に応じたコールバックもサポートしています。

 

リアルタイムストリーミング管理用 API
このREST APIを使用して、Realtime Streamingのストリームを作成、管理、削除します。

 

リアルタイムストリーミングクライアント SDK
クライアントはHTML SDK、iOS/AndroidモバイルデバイスSDKにより、Limelight Realtime Streamingストリームをサブスクライブすることができます。

 

MMD LIVE 用の LIVE-to-VOD API
Limelight MMD LiveのLive-to-VOD録画サービスを管理するためのスケジュールとプロファイルを作成し管理します。

 

広告挿入 SDK
Dynamic Ad Insertion用に、インプレッションの追跡、広告中の早送りの無効化などのトリックプレイポリシーの適用を含む双方向機能を有効にします。iOS、Android、デスクトップ、Windows Phone、Rokuなどの主要プラットフォームをサポートします。