×

CASE STUDY:SimulTV

急成長しているビデオネットワークをグローバル配信するために、ライムライトのEDGE COMPUTEを採用

 

SimulTVは、全世界へ向けて130以上のライブチャンネルを最大4Kの画質で放送しています。そのラインナップには、ストリーミングビデオ、数千の映画、ビデオオンデマンド、および数百におよぶ人気チャンネルが含まれます。
同社は、Over-The-Air(OTA)やOver-The-Top(OTT)放送などのクロスプラットフォーム技術を活用して、テレビ、スマートTV、タブレット、コンピューター、携帯電話へ向けて世界中の人々に高品質のファミリー向けエンターテインメントを提供しています。

 

SIMULTV の課題

SimulTVは、主要な地域での市場参入までの期間を短縮し、場所やデバイスに関係なく一貫した高品質の視聴体験を提供するために、強力なCDNパートナーを必要としていました。彼らは、HuluやNetflixなどの強大で支配的なプレイヤーに匹敵する放送品質の視聴体験を提供するための、競争上の優位性を必要としていたのです。
SimulTVはまた、グローバル市場での存在感を高めるために、問題が発生したときにそれを迅速に解決してくれる信頼性の高い俊敏なビジネスパートナーを見つける必要もありました。

 

SimulTVのCEO、Steven Turner氏は、ライムライト採用にあたり下記のように述べています。

「Limelight Edge ComputeはSimulTVに、主要なグローバル市場で競争し、強大なプレイヤーと戦うための力を与えてくれました。私たちは新しく、成長中の会社であり、ライムライトのインフラを活用することで、世界中の視聴者へ向けて一貫した放送品質のビデオ体験を提供することができます。私はまた、責任逃れをせず、問題を解決してくれるパートナーが欲しかったのです。ライムライトはそれに応えてくれました。Limelight Edge Computeは私たちの成長を支えてくれており、これは競合に対する重要な優位性となっています。」

 

SIMULTVのソリューション

SimulTVはライムライトのEdge Computeを採用したことで、インド、中東、アジア太平洋地域などの主要な市場でビジネスを迅速に立ち上げることができました。その後韓国語と中国語のチャンネルを含む25のネイティブ言語のチャンネルを追加し、今後さらに50のネイティブ言語チャンネルを計画しています。
SimulTVはエンコード、ストレージ、オリジン、そしてサーバーサイドでの広告挿入などでEdge Computeを利用しているため、グローバルなワークフローのためのエンドツーエンドのインフラを備えることができました。これにより、パフォーマンスの向上とコスト管理の両方が実現しました。
専任のLimelight Advance Services Architectによるサポートによって、SimulTVは迅速なカスタマーサービスを提供することができます。またライムライトのチームはSimulTVがサードパーティのフロントエンド開発者とサービスを立ち上げる際の調整を支援し、ワークフローを相互に接続するための技術リソースを提供しています。

 

ライムライト・ネットワークスについて

Limelight Networks, Inc.(NASDAQ:LLNW)は、デジタルコンテンツの配信、ビデオ、クラウドセキュリティ、およびエッジコンピューティングサービスの大手プロバイダーであり、比類の無いデジタルエクスペリエンスを提供できるよう、お客様をサポート致します。ライムライトのエッジサービスプラットフォームは、グローバルなプライベートネットワーク、インテリジェントなソフトウェア、そして現在および未来のワークフローを構築する専門家によるサポートサービスを組み合わせたユニークなものです。詳細については www.limelightnetworks.jp をご覧頂ください。