×

エッジでの仮想化コンピューティング

エッジコンピューティング

Virtualized Compute as a Service

Limelight Virtualized Compute as a Serviceは、ライムライトが特定のPoPでホストする仮想マシン(VM)サービスです。ライムライトのグローバルネットワークが持つ展開の容易さ、ソフトウェアスタックの制御とスケーリング、および高いパフォーマンスを利用できます。ゲストOSとシステム仕様(CPU、RAM、ストレージ)を選択でき、アプリケーションを容易にアップロードできます。ライムライトのVM-as-a-Serviceサービスは安全であり、導入、実装、管理が容易です。さらに、仮想マシンのmulti-PoPエッジ復旧機能は、単一または二重化されたクラウドロケーションによるものよりも堅牢です。

制御と柔軟性

仮想化コンピューティングはアプリケーションスタックの完全な制御と高速展開の組み合わせにより、多くのアプリケーションに適した選択肢になります。このシステムは構成が簡単で、リクエストの増加に応じて簡単に拡張できます。負荷分散およびバックアップサービスが利用可能です。