×

エッジでのサーバーレスコンピューティング

EdgeFunctions

Limelight EdgeFunctionsは、世界中に分散した配置した多数のエッジ拠点にプログラムコードを自動的に展開し、コードをユーザーに近いロケーションで実行することで遅延時間(レイテンシ)を最小に抑え、処理能力をアクセスの増加に合わせて拡張できるサーバーレスコンピューティングプラットフォームです。EdgeFunctionsは、世界で最も高いパフォーマンスを持つビデオおよびコンテンツ配信ネットワーク(CDN)のひとつであるライムライトのグローバルプライベートネットワークと緊密に統合されており、パーソナライズされたストリーミング配信、アクセス制御、動的な広告挿入、A/Bテスト、画像操作などのビデオ配信 およびコンテンツ配信 のユースケースを利用するお客様に最適なプラットフォームです。プログラム開発者はEdgeFunctionsを使用してパフォーマンスを向上させ、ワークフローをカスタマイズし、処理能力や容量を迅速にスケーリングできます。費用は使用したリソースに対してのみ課金されます。

EdgeFunctionsを使用することで、開発者はサーバーの処理能力や容量、OSのバージョンやパッチの状況といったインフラの管理について心配することなくコードを実行できるため、開発が簡素化され、サービス開始までの時間が短縮されます。開発者は、最も重要な開発作業に集中することができるのです!

革新性

新しいアプリケーションの開発、新しい機能の追加、ユーザーエクスペリエンスの改善を素早く簡単に行えます。ユーザーに近いネットワークエッジでコードを実行できるため、柔軟でレスポンスの良いエクスペリエンスを実現できます。

開発者のサポート

サーバーレスコンピューティングの「APIファースト」アプローチによりNode.js、Python、Goをサポートしており、開発者はサーバー設定などの煩雑なインフラ管理の必要無しに、ビジネスの革新と統合に集中できます。

コントロール

コードをネットワークエッジに展開することにより、ストリーミングビデオおよびコンテンツ配信のワークフローを制御しカスタマイズする機能を強化し、必要な制御を素早いレスポンスのもとで提供します。

遅延の短縮

コンピューティング処理をユーザーに最も近い場所(エッジ)で実行することでユーザーエクスペリエンスを向上させ、一般的な中央集中型のクラウドが提供しているサーバーレスコンピューティングと比較して遅延は大幅に低くなります。ユーザーと中央集中型クラウドのデータセンターとの間の距離が遠くなるほど、このメリットは大きくなります。

グローバルな規模とカバレッジ

ライムライトは、世界中に配備した多数のエッジ拠点にコードを自動的に展開にし、アプリケーションが必要とするあらゆる場所でグローバルなカバレッジと素早いレスポンスを実現します。さらに、EdgeFunctionsは弾力的にリソースを割り当てる機能を備えているため、アクセス数の変化に応じて容量を自動的に調整します。

ライムライトの高速アクセス、高速処理、高速配信能力はすべて、Limelight EdgeFunctionsの卓越したパフォーマンスに貢献しています。1,000を超える世界中のラストマイルプロバイダーへのピアリング接続により、ユーザーからのリクエストはライムライトのネットワークに迅速かつ効率的に送信され、遅延を最小に抑えます。さらにライムライトは、ユーザーに近いネットワークエッジでサーバーレスコンピューティングのタスクを実行することにより、遅延をさらに削減します。コンピューティングリソースは世界中のネットワークエッジに配置されたPoP(Point of Presence:大規模配信拠点)に分散して配備されており、ライムライトの配信インフラと統合されています。エッジでの処理結果は、最も厳しい条件を要求するビデオストリーミングサービスが使用しているのと同じ高速配信ネットワークを介して配信されます。これらをビデオおよびコンテンツ配信向けに最適化することで、ユーザーはエッジでの高速なサーバーレスコンピューティングによって最適化された高速な配信を体験できるのです。

EdgeFunctionsによるサーバーレスコンピューティングは、ストリーミングビデオやコンテンツ配信のユースケースに最適です。現代のストリーミングビデオのエコシステムには、多くの場合、中核となる配信機能を強化するための社内サービスやサードパーティサービスが含まれており、EdgeFunctionsはこれらのサービスを管理する優れたツールとなります。お客様は、ビジネス上の問題を解決し、新しい体験を作り出すための革新的なアイデアを実装することができます。以下は、ユースケースの例です:

パーソナライズされたストリーミング

ユーザーのデバイス、コンテンツの設定、場所、その他のパーソナライズ要素に合わせて最適化されたビデオを配信します。

アクセス制御/コンプライアンス

ビデオやその他のコンテンツへのアクセスを認証し、承認または拒否します。認証されなかったユーザーにコンテンツのダイジェストを表示して、アップセルに繋げることもできます。

動的な広告挿入

視聴者や地域のプロフィール、その他のデモグラフィックに応じた広告で収益を最大化し、さまざまな広告エコシステムと統合します。

フォレンジック電子透かし

視聴者ごとに識別可能なストリームを配信することで著作権侵害を抑止し、さまざまな電子透かし技術と統合します。

データ収集

オーグメンテーション、正規化またはフィルタリングしてクライアントデータを収集し、分析システムに提供します。

A/Bテスト

代替レイアウトとコンテンツをテストして、ユーザーがどちらを好むかを調べ、使いやすさを改善します。

インテリジェントなリダイレクト

アクティブなオリジンを選択することで、ユーザーエクスペリエンスを最適化および/またはカスタマイズします。

EdgeFunctionsはAPIファーストであり、Node.js、Python、Goをサポートしています。サーバーレスアーキテクチャにより展開が容易になり、インフラの管理や拡張性について思い悩む必要がありません。Upload APIを使用してコードを無料でアップロードするだけで、数秒のうちに世界中に展開することができます。コードの実行は、Invoke APIを使用してユーザーセッションから呼び出すだけで行えます。ライムライトはユーザーに近いネットワークエッジで計算タスクを実行し、リクエストに応じて計算能力を自動的にスケーリングします。インフラの容量や管理を心配したり、オーバープロビジョニング(過剰な調達)による過大な費用を支払ったりすることなく、使用したリソースに対してのみ料金を支払います。

サーバーレスコンピューティング

コンピューティングリソースを利用するために開発者がインフラの手配や管理について心配する必要が無いFunction-as-a-Service(FaaS)プラットフォームです。

数秒で自動的にコードを展開

ライムライトは、世界中のネットワークエッジで自動的にコードを利用可能にします。

最適な場所での自動実行

ユーザーに近いネットワークエッジでコードを実行することで、遅延時間を最小限に抑えます。

API駆動

REST APIでコードをアップロードして機能を呼び出すことで、簡単かつ柔軟に統合できます。

Node.js、Python、Goをサポート

EdgeFunctionsは複数の一般的なプログラミング言語をサポートします。

セキュア

HMAC認証には、ユーザー名とユーザーの共有鍵とタイムスタンプで生成されたMACハッシュが必要です。

弾力的な容量のスケーリング

ライムライトは、リクエストの変化に応じて計算容量を自動的にスケーリングし、コストのかかるオーバープロビジョニング(過剰な調達)をせずにリクエストの急増に対処します。

使用したサービスに対してのみ支払う

リクエスト数および計算時間に基づくシンプルな従量制課金です。

 ストリーミングビデオおよびコンテンツ配信用に最適化

グローバルなプライベートバックボーン、高度なソフトウェア、1,000を超えるISPとのピアリング接続を備えた高速コンテンツ配信ネットワーク(CDN)と緊密に統合されています。

インフラの手配や管理は煩雑であり、開発者のリソースを消費します。クラウドインフラを使用する場合でも、ソフトウェアのバージョン管理、配備の場所、ピーク時の容量をどのように確保するかなどのオーバーヘッドについて考える必要があります。

Limelight EdgeFunctionsでは、過剰な調達によるコストが不要になり、規模や容量について心配する必要がなくなります。お客様はコードをアップロードするだけで、残りはライムライトが処理します。