NEWS & RELEASE
  • ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表
  • ライムライト・ネットワークスはCEDEC2019に協賛します
  • ライムライトが100番目のPoP(大規模配信拠点)を開設し、グローバルのキャパシティを40%増強
  • KDDIがライムライトの低遅延ライブストリーミングソリューションを採用し、 AR技術を活用した新しいスポーツ観戦体験を提供
×

ウェブアクセラレーション

コンテンツ配信

HTTP/2プロトコルをサポート

ライムライトは、ページごとの単一のパーシステントコネクションにリクエストとレスポンスを多重化して優先度付けするHTTP/2プロトコルをサポートしており、ウェブコンテンツの配信を高速化します。

ラストマイルの高速化

ライムライトはCDNエッジからクライアントへのコンテンツ配信を高速化するために、TCP最適化、データ圧縮、およびパーシステントコネクションなど様々な高速化の手法を提供しています。

ウェブサイトとアプリケーションによるデバイス検知

デバイスを特定し、その結果に基づいてアクションを起こすことができます。
例えば、複数のウェブページを用意しておいて、特定のデバイス向けに最適化したコンテンツを配信するといったことが可能になり、デバイスごとにコンテンツをカスタマイズし、最適なエクスペリエンスを提供できます。

エッジでの処理により、ウェブサーバーでビジネスロジックを処理する負荷を軽減

ARC Lightは、ユーザーからのリクエストとオリジンからのレスポンスをリアルタイムに修正してコンテンツへのアクセス速度を向上させ、複雑なビジネスロジックの処理をエッジで行う事により、アプリケーションインフラストラクチャの負荷を軽減します。よく使われるアプリケーション機能をユーザーに近いロケーションで実行することで、高いスケーラビリティを得ることができます。