NEWS & RELEASE
  • ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表
  • ライムライト・ネットワークスはCEDEC2019に協賛します
  • ライムライトが100番目のPoP(大規模配信拠点)を開設し、グローバルのキャパシティを40%増強
  • KDDIがライムライトの低遅延ライブストリーミングソリューションを採用し、 AR技術を活用した新しいスポーツ観戦体験を提供
×

スケーラビリティ

コンテンツ配信

世界最大規模のCDN

ライムライトは、世界最大のグローバルネットワークのひとつを運用しています。タイムライトのQoS対応ネットワークは、100GbEバックボーンリンクを使用して40Tbps以上の配信キャパシティを持っており、これは継続的に増強され続けています。またこれは、世界最大のプライベートネットワークのひとつでもあり、安全性と優れたユーザーエクスペリエンスを提供し、最も難易度の高いデジタルトラフィックへの要求にも応えることができます。

グローバルなカバレッジ

ライムライトのグローバルネットワークインフラストラクチャは、全世界40箇所以上の都市エリアに配備された90箇所以上のPoP(Point-of-Presence:大規模配信拠点)から構成されています。これによりライムライトは、世界中のあらゆる場所で、ユーザーに最高の体験を提供することができます。

1000以上のISPおよびエンドユーザーネットワークと接続

ライムライトのグローバルプライベートネットワークは、900以上の主要なISPおよびラストマイルネットワークと直接接続されています。ライムライトは、エンドユーザーがどこからアクセスしているかにかかわらず、ユーザーとコンテンツの間の距離を短縮します。