NEWS & RELEASE
  • ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表
  • ライムライト・ネットワークスはCEDEC2019に協賛します
  • ライムライトが100番目のPoP(大規模配信拠点)を開設し、グローバルのキャパシティを40%増強
  • KDDIがライムライトの低遅延ライブストリーミングソリューションを採用し、 AR技術を活用した新しいスポーツ観戦体験を提供
×

Orchestrate -
グローバルプライベートネットワーク

コンテンツ配信専用に構築された唯一のグローバルプライベートネットワーク

Limelight Orchestrate Platform Global Infrastructureは、100以上のPoP (Points-of-Presence: アクセス拠点) を持ち、40+テラビット/秒以上の配信容量を誇り、主要ISPやラストマイルネットワークとダイレクトに接続されており、高いQoS (Quality of Service) を実現しているネットワークです。Orchestrate Platformは、ユーザーがどこに居ようと、世界規模のイベントを配信できるだけの速度、容量、可用性を備えています。

他の主要なコンテンツデリバリーネットワーク (CDN) とは異なり、Orchestrate Platform Global Infrastructureは、世界中の主要都市を中心にクラスタ化されたデータセンターを配置する高密度なアーキテクチャを採用しており、コンテンツへのアクセスが集中した場合でも、トラフィックの急増をシームレスに吸収できます。混雑する公開インターネットを使わずに、ライムライトのPoP同士を高速に接続する光ファイバーによるバックボーンを使い、キャッシュフィルトラフィック、動的コンテンツ、統合サービスデータを扱うことで、ユーザーのQoE (Quality of Experience) を高めます。

ライムライト・グローバルプライベートネットワーク

Limelight Orchestrate Platformの戦略的アーキテクチャにより大量のデータを高速に配信することができ、業界最高レベルのキャッシュ効率により、一貫したコンテンツをどこの誰にでも瞬時に送り届けることができます。