NEWS & RELEASE
  • ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表
  • ライムライト・ネットワークスはCEDEC2019に協賛します
  • ライムライトが100番目のPoP(大規模配信拠点)を開設し、グローバルのキャパシティを40%増強
  • KDDIがライムライトの低遅延ライブストリーミングソリューションを採用し、 AR技術を活用した新しいスポーツ観戦体験を提供
×

管理、構成のカスタマイズ

自社の管理・レポートツールとして活用できるLimelight Control

最小の作業で最大の効果を得たいと思いませんか? ライムライトのOrchestrate Platformは、サービスを管理してコンフィグレーションを変更するためのセルフサービス用のポータルとAPIをサポートしています。Controlポータルを使えば、画面上でOrchestrate Platformを管理したり、構成を変更したりできますし、安全性の高いAPIを使って独自のツールやワークフローに管理とレポート機能を組み込むこともできます。

Control Portal

ビデオオンデマンド、ライブビデオ、ファイル配信、ゲーム、Eコマースなど、お客様のアプリケーションが何であれ、ライムライトのControlポータルを使えば、セルフサービスでこれらを管理することができます。安全にログインしてOrchestrate Platformの主要なコンポーネントや機能にアクセスでき、コンテンツを配信してキャッシュするための全ての設定を管理することができます。ユーザー、ツール、ライブイベントなどを管理でき、様々なレポートによって成功のためのインサイトを得ることができます。
Orchestrate Platformには、強力なコンフィグレーション用API (Application Programming Interfaces) が含まれていますから、コンテンツやサービスを管理するための機能など、様々な機能をコントロールできます。