×

ライムライト、AppOpsプラットフォーム「Layer0 by Limelight」の 日本ローンチにより、Web CDN市場のリーダーを目指す

2022年02月03日

コンテンツ配信とエッジにおけるAppOps提供の大手プロバイダーであるLimelight Networks, Inc. (Nasdaq: LLNW)の日本法人であるライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表:田所 隆幸)は、本日、WebアプリケーションCDNである「Layer0 by Limelight」の提供開始および、日本市場に向けての事業戦略を発表しました。

 

AppOpsプラットフォーム「Layer0 by Limelight」

 

「Layer0 by Limelight」は、エッジロジックをアプリケーションに統合し、エッジをブラウザにまで拡張するWeb配信プラットフォームであり、米国ではオンラインリテーラーであるShoe CarnivalやUniversal Standardなどに導入されています。動的コンテンツがキャッシュされるようにアプリに統合されたエッジロジックと、ユーザーのブラウザまで拡張されたエッジ上で、閲覧が予測されるコンテンツをユーザーの数秒前に読み込む予測型プリフェッチ機能により、ページロード時間を1秒未満にまで短縮できます。また、開発ワークフローが効率化され、リリース速度を最大で2倍に速めることができます。

 

「Layer0 by Limelight」の提供開始に伴い、ライムライトは従来のCDNによるビジネス領域から、アプリケーションのイノベーションをスピードアップするAppOpsにまで、事業範囲を広げることになります。

 

実際に米国で「Layer0 by Limelight」を導入しているShoe CarnivalやUniversal Standardは、Layer0を利用してページロード時間をそれぞれ92%、91%改善し、同ソリューションのメリットを実感しています。パフォーマンスの向上により、Shoe Carnival社では売上が40%増加し、Universal Standard社では直帰率が40%低下しました。Sharper Image社のCOOであるSam Grossman氏は次のように述べています。「私たちのサイトは非常に速いと誰もが言いますが、それはLayer0のおかげなのです。」

 

AppOpsプラットフォーム「Layer0 by Limelight」で、Web CDN市場のリーダーとなる

 

Web開発における従来の主な課題は、ツールのインテグレーションによるインフラ構築コストの増加と、Web 配信の重要な役割を担う CDN が開発のフローから分断されていたことでした。それにより、開発の生産性およびスピードが下がっていました。DevOps に代わって今後10年主役になると注目されている開発手法である「AppOps」のプラットフォームである 「Layer0 by Limelight」はこれらの課題を解決します。

 

また、ライムライトは AppOpsプラットフォームにおける市場リーダーのポジションを狙い、44億ドル規模の市場である Web CDNにおいて、日本市場で初年度に200社の新規顧客獲得を目指します。さらに、Web開発者向けの Layer0コミュニティを立ち上げ、新規パートナー企業との連携を模索します。

 

ライムライト・ネットワークス・ジャパンの代表である田所は次のように述べます。「世界最大級のPOPネットワークからなる、グローバルなコンテンツデリバリーネットワーク上に、“Layer0 by Limelight”が加わります。ほとんどの Web サイトで、CDNは、アセットURL上の静的なデータのキャッシングに使われています。動的データやHTML、APIのデータがキャッシュされることはほとんどありません。今回のLayer0により、動的データはPOPにキャッシュされるだけでなく、ユーザーがリクエストする前にデバイスに送り込まれます。ページの読み込みは400ミリ秒という短時間で行われます。本ソリューションを自信もって提供するとともに、AppOpsプラットフォーム“Layer0 by Limelight“で、Web CDN 市場のリーダーとなることを目指します。」

 

ライムライトについて

 

ライムライト・ネットワークス(Limelight Networks, Inc. (NASDAQ: LLNW))は、高速で安全なデジタル体験をグローバルに提供するエッジ対応ソリューションのリーダーであり、競争が激化する市場においてお客様の貴重なデジタル資産を最適化し、保護し、配信する強力なツールを提供しています。グローバルなプライベートネットワークと顧客志向のエキスパートを活用し、コンテンツ配信やAppOpsからJamstackアプリケーションアーキテクチャ、そしてWebセキュリティまでをカバーし、お客様の成功を支援するユニークなポジションを確立しています。ライムライトは、さまざまな世界最大級のブランドから信頼を得ています。詳細については、https://www.limelightnetworks.jp/をご確認下さい。

 

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社 担当:吉川

TEL: 050-3628-1545

Email: info-jp@llnw.com